こうなったら黄色信号!モルタル壁の塗装時期を見抜け!

基本的に、外壁の種類では、「サイディング」と「モルタル」の2種類ですが、
ここではモルタルの方の、塗装時期の判断方法を紹介したいと思います。


こうなったら外壁塗装のやりかえ時期!


壁に手をこすったらペンキが思いっきり付着した

チョーキング(白亜化」

手で壁をこすると、白っぽい粉がつく現象です。

よく学校などの古い建物で、壁に手を触れてしまうと、
白い塗料がついてしまう経験はなかったでしょうか?


これは太陽の紫外線によって、塗料に含まれている、
カリウム成分というものが、分解されて、
白い粉がつくようになることをいいます。
これを「チョーキング」と呼びます。


壁に色あせや汚れ、カビ、コケがひどい、、

外壁の色あせや汚れ

これは雨や風、紫外線などの自然現象や、排気ガスなどにより、壁の耐久力が落ち、

防水効果も下がることで、コケや、カビが生えてきます。


一見洗浄すれば問題はなさそうですが、大抵の場合は、壁の耐久力の減少が、原因ですから、
一度念入りに見ておいたほうがいいでしょう。


こうなると、かなり、危険信号!外壁塗装だけじゃ済まないかも、、

外壁の剥がれ

塗料の付着力がかなり弱まると、下地の状態から完全に剥がれてしまいます。

こうなってしまうと、塗装はかなりの末期状態ですから、こうなってしまう前に対処したいですね。


ペンキが剥がれたら今すぐ対応しよう!というサインでもあります。
業界用語では、塗料の大きなはがれを「スケイリング」、
小さなはがれを「ピーリング」と呼びます。


壁にヒビが入ってしまった、、

外壁のひび割れ

耐久力が完全になくなってくると、壁にヒビが入ります。

ヒビの浸透具合によっては、内部に浸水、もしくは湿気が入り込む恐れがあります。
家の内部に湿気や水気が入ると、家の耐久力はガクンと下がります。


こういった日々も塗装業界では日常茶飯事ですから、一緒に補修をすることが出来ます。