日曜大工で外壁塗装は出来るの?

日曜大工で外壁塗装は出来る?

日曜大工で外壁塗装できてしまうんじゃないのか?というようなお考えの人もいるのではないでしょうか?


「ペンキを塗るだけなら俺にも出来るよ!」


と、日曜大工で塗装を行う人も多いそうです。確かにペンキを塗って色を模様替えしたりなどの作業は、
やっていて楽しいものですね。


でも、ひとつだけ理解しておいてください。ホームセンターやスーパーなどで販売されている塗料は、
業者の職人が使用しているものとは、全くもって違います。


業務用の塗料と、家庭用の塗料はどう違うの?

率直にいえば、性能が違います。
メーカーは、業務用の塗料は長期的な使用を考えられて作られているのに対し、家庭用の塗料は、3年程度持てば、
いいというような見解で作られています。


さらに金属用の塗料では、一般的な塗装工事では、サビ止めを塗って、そのあとに、上塗りをします。
ですが、家庭用の塗料では、


「下塗り,上塗り兼用」の製品まであります。


また、業務用は、施工場所によって油性と水性を使い分けますが、家庭用は、安全性を重視し、
水性塗料のみ使用しています。


ちょっとしたペンキ塗りなら業者はいらない!?

本当にちょっとした工事、例えば、ドアの塗料のハガレを数センチ塗ったりなどのちょっとした補修などを
除くと、業者に頼まなくてもいいかもしれませんが、外壁に関して考えると、自力で塗装するのは、
あまりオススメ出来ません。


施工費用は確かにかかりますが、やはりプロの仕事ですから、施工はしっかりと綺麗に行ってくれます。
自力でやってしまおうとすると、手の届きやすい場所で、さらに水性塗料のみ塗ると、一瞬綺麗です。


でも、水性の塗料は密着性が悪く、すぐに剥がれてしまうので、逆に美観を損ねることも十分ありえる話です。
水性の塗料の剥がれによって、美観と耐久性を減らし、


お手上げ状態で業者に頼むケースもあるようですが、水性塗料の上に油性の塗料を塗ることは、
水性塗料の油膜は弱くて、さらにその上に溶剤塗料を塗ると溶けてしまいます。


安く済ませる為の日曜大工による外壁塗装は逆に施工工賃を高くさせてしまうこともあります。


それにケレン作業など塗料を壁にしっかりと付着させるための下地調整を知らない、又は怠るというコトがあるので、
最初から業者に依頼しておけばよかった、、と後悔する人も多いようです。


基本的に、自分の自宅に対しての塗装は自力でやらないほうがいいという結論に落ち着きます。
一度業者に部分的な塗装に対しての相談をしてみるのもいいでしょう。