外壁塗装のデメリットは?

外壁塗装のメリットはこのページで説明しました。
ではデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?


外壁塗装のデメリットは?

実は外壁塗装のデメリットは外壁塗装自体には全くありません。


強いて言ってしまえば、そこまでに行き着くまでのリスクが大半です。
外壁塗装といっても1回で終了するわけではありません。


数年〜10数年スパンで行わないとならないので定期的な費用を考えるとデメリットと判断してもいいでしょう。


お金もかかるが一番のデメリットは塗装を行わないことこそがデメリット

お金が定期的にかかることもデメリットですが、一番のデメリットは定期的に外壁塗装を行わないことです。


塗り替えをしない場合だと、塗替えをしないケースと比較し各部材の損傷が早いという事例があります。部材の交換となると低範囲でも塗装以上に
お金がかかることも多いです。


ですから、10年に一度は施工業者の診断士の人に見てもらうコトが重要です。
それも1社だけでなく数社に同時に見てもらい判断をした方がいいでしょう。


外壁塗装をせずそのまま放置していたらどうなるの?

それでも無視して放置していた場合は、よくあるケースをいうと、各所にひび割れやクラックが入り、その場所より水が壁に染み込みます。
水の浸透力を舐めてはいけません。


雨漏りしてないから大丈夫と安易に考えず、クラックやひび割れから湿気が入っているのを理解しておきましょう。
そのまま内部のモルタルも中和され内部の網がサビて外壁が徐々に悲鳴をあげていきます。


そこが最終的に雨漏りになり、気が腐ってしまいます。ここまでならないと動き出さない人も少なくありません。
ですが、ここまで放置しておくと外壁そのものをそっくりそのままリフォームしないとならなくなります。


そうすると、掛かる金額が膨大な金額になり数百万円かかることだってあります。
結果的に外壁塗装をしておけば防げた話ですので、結果的に目に見えて生活に困らないと動かないという行為そのものがデメリットと言ってもいいでしょう。


目安としてはやはり一般的というオーソドックスな数字ですが、この時点で一度専門業者に見てもらったほうがいいでしょう。